仕事が嫌で死にたい奴は今すぐこれを見ろ!死ぬ前に嫌がらせしちゃえ!

死
swift先生の顔アイコンごきげんよう。私はIT、クリエイティブ業界を中心に求人情報を新卒・中途の皆さんにお伝えしているしているSwiftと申します。前回は「学校の面接練習はやるだけ無駄!元人事が教える学校の闇」について紹介しましたが、今回は仕事が嫌で死にたい時に読んで欲しいことについて解説したいと思います。

コキ使われて死んで、それでいいの?

熱血教師swiftの画像

「はぁ……仕事も上手くいかないし、人間関係も上手く作れなかったし……」
「こんな人生、続けても意味無いし死のうかな……」

新卒第二新卒派遣社員正社員、どんな人でも一度は呟いたことがある台詞ですね。

五月病とも言われ、4月の後半から5月にかけて日本の自殺人数が一気に跳ね上がります。

ある統計によれば、3月までの自殺者は80人前後なのに対し、4~6月の間は90~100人に増えるそうです。

私は人生人それぞれだと思っているので自殺を無理には止めません。

ただ、自殺者が増える度に一つだけモヤっとすることがあります。

それは、自殺するほど新人をコキ使い、メンタルケアもしないで殺してしまうブラック企業、ブラック上司が増え続けているということです。

我々、能力がある人事、上司であればその社員を死なせる事もなく、長期的に稼ぎを上げ、互いの財布を肥やせたというのに。

ほんの数か月~数年の短期利益のために貴重な人材を使い潰している無能企業、無能上司に腹が立つのです。

私も人間ですから、そういう奴にはどうしても嫌がらせをしたくなります(笑)

なので、今日はブラック企業、ブラック上司に対する一矢の報い方!

早い話が嫌がらせ方法をお教えしちゃいます。

最強の嫌がらせ技①「エンドレス無断欠勤」

ブラック企業、ブラック上司に対する最高の嫌がらせは、延々と会社に出社せず、電話にも出ないエンドレス無断欠勤です。

会社に所属はし続けているので税金の計算などが発生し、経理の人が結構困ります。

そこで不審に思った経理が上司に確認に行けば最高ですね。

上司の評価はダダ下がり。今まで問題視されていなかったであろう、過去の新人いびりについても言及されるかもしれません。

更に嫌がらせ度をアップするのであれば、無断欠勤をする前にワザと会社から遠くのアクセスが悪いところに引っ越すことです。

そうすることで上司が直接家に来ることは防げますし、もし来たとしてもかなりの労力を消費させることができます。

無断欠勤はただ会社に行かないだけで相手に大ダメージを与える必殺技なのです。

最強の嫌がらせ技②「twitterで業務日報をつける」

これはtwitterを使って超過労働の証拠を残す嫌がらせ方法です。

位置情報の発信と、適当な社内備品の写真を撮り、自分が何時に出社し、何時に退社したのかをtwitterで呟くのです。

あ、くれぐれも機密内容を露出させないように気を付けてくださいね。

それをしてしまうと裁判等で不利になるので。

匿名のtwitterで、どこの会社に勤めているのかだけ明かした上で、自分の労働時間の証拠を積み重ねていくのです。

上手く炎上してくれれば最高です。

どうせ辞めてしまう企業なのですから、徹底的にやっちゃってください。

最強の嫌がらせ技③「お得意先で愚痴りまくる」

これはちょっと度胸が必要な方法ですが、やり方は簡単。

自社のお得意先、関係企業に訪問し、色々な人とコミュニケーションを取るのです。

その際、オフレコとして会社のブラックな実態を愚痴りまくってください。

特に大口のお得意様に話すと効果抜群。

場合によっては会社を経営難に陥れることもできます。

最強の嫌がらせ技④「労働局にチクる」

社会人であれば誰もが知っている労働局

ここはブラック企業被害者の最強の砦と言われており、後に会社に残留することさえ考えなければ一番大打撃を与えることができます。

資料の提出に言質の確認、業務の一時的な停止、お客様へのマイナスイメージなどなど……

労働局が入るだけで、一時的にではありますがかなりの嫌がらせをすることができます。

労働局の相談センターは各地区に点在しているので、ぜひ調べてみてくださいね。

東京周辺の労働局相談センターについてはコチラをご覧ください。

まとめ

まとめ画像

【ブラック企業、上司への嫌がらせ虎の巻】
・無断欠勤をせよ!
・twitterで証拠を残せ!
・得意先で愚痴りまくれ!
・労働局にチクれ!

これらの嫌がらせをするだけで、アナタを今の立場に追い込んだブラック企業、上司をギャフンと言わせることができます。

おわりに

どうですか?ただ泣き寝入りして死ぬよりも、色々な嫌がらせをして反撃ができるよう、今回はちょっとブラックな話題を扱ってみました。

どんな人間であれ、仕事をする上で不要ということは絶対にありません。

もしアナタを不要と罵る奴がいれば、ソイツが無能なのです。

どうしても困ったことがあれば、当サイトのtwitterにご連絡頂ければ、簡単な相談ですが乗ることができます。

(相談料金は頂きませんが、アフィリエイト先に登録してくれるとサイト運営の助けになります)

どうしても辛い時は、他者を頼ってみてください。

生きるも死ぬも個人の自由ですが、不当な扱いを受けて死ぬ人を見るよりも、不当な扱いを受けた人が上司や企業をボコボコにした方が私はスッキリします。

個人的なお願いですが、私をスッキリさせるため。

自分の心をスッキリさせるため、死ぬ前に企業へ嫌がらせ、してみませんか?

ruby_iconオレも、宴会の席とかで上司に反撃したことはあるな(笑)上司のビールにめっちゃ強いお酒を入れてお酌してやったよ

スポンサーリンク