取らなきゃ損損!いろんな休暇制度その①

休暇そのいち
swift先生の顔アイコンごきげんよう。私はIT、クリエイティブ業界を中心に求人情報を新卒・中途の皆さんにお伝えしているしているSwiftと申します。前回は「エンジニアに多い正社員型派遣のメリットデメリット」について紹介しましたが、今回は正社員エンジニアの特典である多様な休暇制度について解説したいと思います。

えっ、有給しか休暇制度を知らないの!?

熱血教師swiftの画像

「はぁ、もっと休みが取りたいのに、有給が2日しか残ってないよ」

夏季休暇が近づくこの季節、自分が取得できる休暇の数ってついつい気になっちゃいますよね。

有給は片手くらいしか無いし、夏季休暇も2~3日だからほとんど休めない!と嘆いている「正社員」「正社員型派遣」のエンジニアさん!自分の会社の契約書にある、福利厚生の欄をもう一度しっかりと熟読してみてください。

実は、隠された休暇制度が沢山埋もれている可能性があるんです。

今回は、色々な企業で採用されている休暇制度の一部を紹介しちゃいます。

福利厚生の鉄板!有給休暇

働くエンジニアであれば誰もが知っている休暇ですね。基本的には正社員として就業を開始して半年で付与され、それ以降は一年おきに増えていくのが一般的な有給休暇です。

仕事の都合がつけばいつでも好きな時に給料有りで休めること、上限があるものの一定量の有給を貯めることができるのが他の休暇と違う最大のメリットです。

ただ、会社によっては一年毎に有給が消滅してしまう企業もあるので、注意してください。

夏季休暇

一般的に知られているものの、取ることができない、会社が採用していない場合が多い休暇の筆頭です。

夏季というのはIT業界であれ他業界であれ多忙な時期なので、基本的には9月以降に取得することが多い夏季休暇ですが、9月以降は年末年始に向けて別プロジェクトが動きやすい時期なので、やはり休めない。

しかも、使わなかった夏季休暇は翌年に持ち越せないのでもったいないですよね。

夏季休暇はとにかく隙あらば使った方がよい休暇なので、無理にまとめて取ろうとせずに少しづつ隙間を縫って消費するようにしましょう。

悲しいけど助かる!忌引き休暇

身内に不幸があった時などに使うことができる休暇の一つです。

基本的には親等が近ければ近いほど長く休暇をとることができ、一親等から三親等くらいまでが忌引き休暇を支給してもらえる範囲です。

ただ、忌引き休暇の期間は1~3日と非常に短いので、喪主をする場合は足りないというのが現実。

また、申請をしなければ忌引き休暇を貰えない場合があるので、福利厚生の契約書をしっかりと読んでおきましょう。

ペット忌引き

動物を取り扱う企業などで稀に見かける休暇制度の一つで、ペットが無くなった際に取得できる休暇です。

ペットも大切な家族の一員であり、その死を悼むことができないのは社員のモチベーションにも関わりますから、ペットを飼うエンジニアが増えている現代の日本ではぜひ広まって欲しい制度ですね。

「仕事でうつ病になりそうなエンジニア必見!猫を飼って心身共に健康になろう!」でも紹介したようにペットを飼うことはエンジニアに多い「うつ病」を防ぐ上でとても有効です。

「うつ病」かな、と感じているエンジニアはぜひペットを飼ってみてください。

失恋休暇

少々変わり種ですが、失恋した心のダメージを癒すための休暇制度です。

失恋というのは……私も経験をしたことがありますが本当に心身への負担が大きく、失恋したエンジニアが無理をして仕事をしてしまうと、大きなミスを誘発してしまいます。

そういったリスクを減らすために、企業にとっても有用な休暇制度なのです。

また、失恋休暇と堂々と言える社風であれば、他の仲間たちが失恋の痛みを癒すために動いてくれたり、失恋休暇の話題がきっかけで相手を紹介して貰え、結婚というパターンもあるので取って損はありません。

産休、育児休暇

核家族化が進む現代日本において、働く男性、女性エンジニアが子供を作りやすく、育てやすくするために作られた休暇制度です。

基本的には出産や、初期の子育て期間に取ることができる休暇であり、女性のみならず男性も取得できます。

しかし、注意しなければいけないのが産休、育児休暇の取得は昇進、昇給に響く企業が未だに多いということ。

産休、育児休暇は年単位になってしまうことが多いため、それだけの長い期間現役から退いてしまうと仕事の勘を取り戻すのに時間がかかるから、というのが企業側の言い分ですが、人事である私からすればそれはナンセンス。

産休、育児休暇中に特殊スキルの勉強をしてもらい、休暇明けに仕事に生かしてもらうなどの制度にすれば、休暇を取得する側も前向きになれますし、業務にもプラスの効果があるのですが、そう進言しても採用されないのが辛いところです。

ですが、女性が多い職場、産休、育児休暇を推奨している企業は昇進、昇給に響かない場合が多いので、もし取得予定がある場合はそういった企業を選ぶとよいでしょう。

誕生日休暇

自分の誕生日がある月や、誕生日に休暇をとることができる休暇制度です。

仕事が休めなくてバースデイケーキを食べる暇もない!というエンジニアにはぜひ活用して欲しい制度ですね。

基本的には誕生日の周辺でしか休暇が取れない上、特別なアナウンスもなく、取得しなければそのまま無効になってしまう休暇なので契約書に書かれていたら忘れずに使いましょう。

まとめ

まとめ画像

【今回紹介した休暇の一覧】

・有給休暇
・夏季休暇
・忌引き休暇
・ペット忌引き
・失恋休暇
・産休、育児休暇

おわりに

「正社員」「正社員型派遣」のエンジニアが取得できる甘い蜜、休暇制度の一部を紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

まだまだ隠された面白い休暇制度は沢山あるので、次回の記事でも引き続き紹介したいと思います。

ただ、いくら休暇制度が沢山あったとしても、知らぬ、使わぬでは意味がありません。

自分の会社の福利厚生はしっかりと確認して、最大限にその恩恵を享受するようにしてくださいね。

ruby_iconオレは休暇が入る度にすぐ使い切ってたから、無駄にしたことは一度もないぜ!白い顔なんてされても他人事だからな

スポンサーリンク