エンジニアは要注意!パソコン関連の病気3選

病気
swift先生の顔アイコンごきげんよう。私はIT、クリエイティブ業界を中心に求人情報を新卒・中途の皆さんにお伝えしているしているSwiftと申します。前回は「IT元人事が教える「エンジニアに早く簡単になる方法」」について紹介しましたが、今回はエンジニアが要注意なパソコン関連の病気について解説したいと思います。

病気になりやすい職業、エンジニア

熱血教師swiftの画像

「エンジニアは頭脳労働だから怪我とか病気が無くていいよね」

こんな根も葉もない噂を、どこかで聞いたことがありませんか?エンジニアだけでなくデスクワークの業務全般に言えることですが「座り仕事=楽」という勝手な方程式で括られ、健康に害が無いと思われています。

しかし、エンジニアはIT土方とも言われ、「エンジニアの高い平均年収」はその大変な労働の対価なのです。

それでは、今回はエンジニアがなりやすいパソコン病をいくつかお教えしましょう。

うつ病など精神面に関する病気は「うつ病を予防、改善する働き方」「仕事でうつ病になりそうなエンジニア必見!猫を飼って心身共に健康になろう!」見てみてくださいね

目だけでなく頭も痛くなる!「眼精疲労」

エンジニアといえば、四六時中パソコンの画面を見続けるのが仕事です。

しかし、パソコン画面やスマートフォンなどの電子画面を近距離で長時間見ていると、画面から発せられるブルーライトによる目の炎症や、視線の長時間固定によって筋肉が凝りなど様々な眼精疲労の症状が発症します。

エンジニアならば誰でも通る道、と甘く見てはいけません。最悪、意識を失ったり失明の恐れもあるのでしっかりと対策を練りましょう。

■眼精疲労の症状
・頭痛、吐き気
・肩こり
・眩暈
・目の充血 など

■眼精疲労の主な原因
・長時間のパソコン業務
・長時間のテレビ鑑賞
・近距離で物を見続ける など

■眼精疲労の対処法
・ブルーライトカットの眼鏡を利用する
・目薬
・目のまわりや頭皮のマッサージ
・ストレッチ
・適度な休憩を入れる
・小まめに眼球を動かす
・温タオルで温める

私が一番おすすめするのはブルーライトカットの眼鏡の使用と温タオルです。

私が駆け出しの人事だったころ、毎日のようにデスクワークが続き、眼精疲労と肩こりで吐き気と眩暈、意識の混濁が起きてしまった時期がありました。

これは不味いとブルーライトカットの眼鏡を使用するようにしたのですが、それ以来、吐き気などはピタッと治まりましたね。 最近ではブルーライトカットの眼鏡と、寝る前の温タオルで目を労わるようにしています。

視力低下の主な原因「ドライアイ」

学生の頃は視力が良かったのに、急に視力が下がってしまった。元々視力は良くなかったけれど、最近は輪をかけて悪くなった。

というエンジニアさんはいませんか?こういった視力低下の主な原因として、ドライアイが挙げられます。

パソコン画面を長時間見つめるエンジニアやライター、あとはゲームが大好きな人も瞬きの階数が極端に少ないため、ドライアイになる可能性が非常に高いです。

視力が極端に低下したり、やたらと目に違和感を感じる場合はドライアイを疑いましょう。

■ドライアイの症状
・目がゴロゴロする
・目が乾く
・視界がかすむ
・視力の低下
・光が眩しく感じる

■ドライアイの主な原因
・テレビやスマートフォンなどの画面の見すぎ
・物を凝視することが多い
・乾燥した部屋に長時間いる
・コンタクトを多用している

■ドライアイの対処法
・目薬を使用する
・瞬きを意識的にする
・部屋の湿度管理
・小まめな休憩と水分補給
・コンタクトレンズの利用回数を減らす

ドライアイに一度なってしまうと、視力が下がってしまいかなり厄介です。私もドライアイになり、昔は2.0あった視力が今では0.2まで落ち込んでしまいました。色々な対処をしつつ、これ以上下がらないようにはしていますが……ドライアイを気遣わなかった昔の自分を叱ってやりたいですね。

痛くてタイピングすらできなくなる「腱鞘炎」

腱鞘炎と言うと、野球選手や体操選手など、ハードな運動をしている人がなる病気と勘違いしている人はいませんか?

実は、エンジニアの大多数が経験しているのが、このタイピングによる腱鞘炎なんです。

私もさることながら、私の知人であるエンジニアもこの腱鞘炎になり、毎日苦しみながら仕事をしていました。

キチンと対処をすれば比較的早く回復しますが、それでもすぐ再発の危険があるので、手首に違和感を感じたらすぐに予防や治療を行いましょう。

■腱鞘炎の症状
・手首に違和感を感じる
・指を動かしただけで手首が痛い
・手首を押すと痛い

■腱鞘炎の主な原因
・手指の酷使
・手首に負荷のかかる行動を行う
・出産後、閉経後
・筋力不足

■腱鞘炎の対処法
・手指の酷使を止める
・手首マットのあるマウスパッドの利用
・抗炎症薬の内服、外用
・ステロイド注射
・サポーターの利用
・冷やす

腱鞘炎になるとエンジニアとしての作業だけでなく、日常生活にも影響がでます。私も経験したことがあり、最初は手首の違和感程度なのですが、最終的にはマウスを動かすだけでも痛く、コップどころかラーメンを持っても痛いという始末でした。

更に、腱鞘炎になった右手を庇い続けた結果、左手も腱鞘炎になり、ダブル腱鞘炎という最悪な状態になった時は仕事が辛くて辛くて仕方ありませんでした。

私の時はサポーターの活用と、手首部分にクッションの入っているマウスパッドを利用することで腱鞘炎の回復と予防を図ることができました。

腱鞘炎はちょっとした工夫で防ぐことができるので、ぜひ皆さんも試してみてくださいね。

まとめ

まとめ画像

【眼精疲労について】

■眼精疲労の症状
・頭痛、吐き気
・肩こり
・眩暈
・目の充血 など

■眼精疲労の主な原因
・長時間のパソコン業務
・長時間のテレビ鑑賞
・近距離で物を見続ける など

■眼精疲労の対処法
・ブルーライトカットの眼鏡を利用する
・目薬
・目のまわりや頭皮のマッサージ
・ストレッチ
・適度な休憩を入れる
・小まめに眼球を動かす
・温タオルで温める

【ドライアイについて】

■ドライアイの症状
・目がゴロゴロする
・目が乾く
・視界がかすむ
・視力の低下
・光が眩しく感じる

■ドライアイの主な原因
・テレビやスマートフォンなどの画面の見すぎ
・物を凝視することが多い
・乾燥した部屋に長時間いる
・コンタクトを多用している

■ドライアイの対処法
・目薬を使用する
・瞬きを意識的にする
・部屋の湿度管理
・小まめな休憩と水分補給
・コンタクトレンズの利用回数を減らす

【腱鞘炎について】

■腱鞘炎の症状
・手首に違和感を感じる
・指を動かしただけで手首が痛い
・手首を押すと痛い

■腱鞘炎の主な原因
・手指の酷使
・手首に負荷のかかる行動を行う
・出産後、閉経後
・筋力不足

■腱鞘炎の対処法
・手指の酷使を止める
・手首マットのあるマウスパッドの利用
・抗炎症薬の内服、外用
・ステロイド注射
・サポーターの利用
・冷やす

おわりに

エンジニアはなることができれば「年収1000万」を超える素晴らしい職業ですが、仕事内容はデスクワークとはいえかなりハードなものです。

日々の生活に気を遣い、長く健康にエンジニア生活を送れるよう、皆さん頑張ってくださいね。私のように一通りの病気を経験したいのであれば、何も対策を取らなくても大丈夫です。

もし、この記事を読んでエンジニアの仕事に興味を持った人がいましたら「IT元人事が教える「エンジニアに早く簡単になる方法」」でエンジニアになる方法を紹介していますので、そちらも見てみてくださいね。

ruby_iconオレも腱鞘炎になった時はビックリしたぜ。懐かしいなぁ……先輩たちに「猫の癖に腱鞘炎かよ」って笑われたもんだ

スポンサーリンク