エンジニアに増加中!正社員型派遣のメリット、デメリット

正社員型派遣
swift先生の顔アイコンごきげんよう。私はIT、クリエイティブ業界を中心に求人情報を新卒・中途の皆さんにお伝えしているしているSwiftと申します。前回は「寝坊エンジニア必見!寝坊をなくす方法」について紹介しましたが、今回はエンジニアに多い正社員型派遣について解説したいと思います。

正社員型派遣のエンジニア、増えてます

熱血教師swiftの画像

「正社員になって、外部でエンジニアとして働きませんか?」

「有名型エンジニア」「職人型エンジニア」のように主に派遣社員として働く機会がエンジニアであれば、一度は聞いたことがあるセリフだと思います。

実はこれ、正社員型派遣という就業形態で、派遣社員として働く割合が多いエンジニア業界において、徐々に市民権を得ているものなんです。

正社員型派遣ってなんなの?

エンジニアなどIT業界の職業に多い正社員型派遣とは、読んで字のごとく、正社員として他社に派遣される就業形態になります。

「2018年に派遣エンジニアが大量解雇!?改正された労働者派遣法への対処法」で紹介している、派遣社員の3年縛りに対応するために派遣会社が打ち出している就業形態で、派遣会社の正社員になり、他社へ出向という形で働くので、正真正銘の正社員になれる、というのが最大の特徴です。

派遣社員ではないのでそうそう解雇もされませんし、派遣会社の福利厚生は比較的しっかりしているので、下手な会社の正社員になるよりもサポートがしっかりしています。

正社員型派遣のメリット

なんといっても正社員型派遣の最大のメリットは「労働派遣法」の3年縛りが無くなる事と、例え派遣先から首を切られてしまったとしても、派遣会社の正社員なので給料は貰えますし、次の職場をしっかりと探すことができます。

「派遣社員のエンジニアが稼げるって本当?」の記事で紹介したように、エンジニアは求人数が多く、引く手あまたです。

しかし、そんなエンジニアでも職場を移る際にはどうしても一か月~二カ月の期間がかかってしまいます。

「すぐ次の職場にありついたけど、丸一か月給料が入らない」

となると生活が少々苦しいですが、正社員型派遣であれば次の派遣先を見つける間も給料が貰えるので、安心ですね。

正社員型派遣のデメリット

派遣社員と比べていいことづくめの正社員型派遣ですが、もちろんデメリットも存在します。

それは、一社に長く務めることができないこと。

派遣社員のような3年縛りはありませんが、派遣先の業務縮小や経営悪化が起きた場合は派遣社員同様にスパッと切られてしまいますし、高齢になるにつれて派遣可能な会社も限られてきます。

「公務員型エンジニア」のように一社で長く、人付き合いを深めながら働きたいという人には不向きです。

正社員型派遣のお得な活用法

正社員型派遣のメリットを最大限に生かしつつ活用する方法は、初心者~中級者のエンジニアが技術を磨くために3~6年ほど正社員型派遣として就労することです。

正社員型派遣の場合は新人教育がしっかりしている会社が多く、かつスキルを身に着けるために色々な会社への派遣を申し出ることが可能なので、「色々なプログラミング言語」を覚えたり、自身の経験値を上げるには持って来いの就業形態です。

ただ、40代、50代になってから正社員型派遣は少々難易度が高いので、正社員型派遣として世渡り修行をするのであれば、30代後半くらいまでにしましょう。

まとめ

まとめ画像

【正社員型派遣のメリット】

・労働派遣法の3年縛りが無い
・派遣先を探している間も給料が入る
・新人教育がしっかりしている
・色々な会社に就職しスキルを磨くことができる

【正社員型派遣のデメリット】

・一社に長く務めることができない
・高齢になると派遣先が絞られてしまう

【正社員型派遣の活用法】

・3~6年ほど就労し、スキルを磨く
・30代後半までにフリーや正社員など別の就労形態に移る

おわりに

正社員でありながら派遣社員でもある正社員型派遣、なかなか面白い就労形態ですよね。

未経験のエンジニアでも正社員採用してもらえる場合があるので「独学でエンジニアになりたい」という人以外は正社員派遣のエンジニアから始めてみるのもおすすめですよ。

自分に合った方法で「年収1000万以上」のエンジニアを目指しましょう。

ruby_iconそういや、オレの友達ネコも正社員型派遣だぜ。いろんなところに安心して派遣転職できるから楽しいって言ってたぞ

スポンサーリンク